沖縄でシュノーケリングを楽しむ!

沖縄でマリンスポーツを楽しみたいと旅行に出かける人も多いのではないでしょうか。シュノーケリングは沖縄のマリンスポーツの中でも特に人気があるアクティビティです。ここでは沖縄シュノーケリングについて詳しく見ていきましょう。

ダイビングに次いで人気があるアクティビティ

沖縄のマリンアクティビティといえばダイビングを想像する人も多いかもしれませんが、マリンアクティビティノ中でダイビングの次に、いや並んでも人気が高いといわれているのがシュノーケリングなのです。水中眼鏡、シュノーケルをつけ、フィンを装着して水の中に入って浮いた状態で海の中の様子を楽しむことができます。ダイビングと違った重たい装備をして潜るという事ではありませんので、とても簡単に誰でも楽しむことができるという特徴があります。

沖縄の海はとてもきれい

沖縄の海
沖縄の海を見た事がある人は知っているかと思いますが、透明度がとても高いです。そしてただ透明度が高いというだけではありません。とても豊かな生態系であるという点でも特徴があるでしょう。サンゴが豊富ですし、そのサンゴが豊富な場所というのはニモでおなじみのカクレクマノミも多くいることも特徴です。そのとき運が良くて奇跡が起きればウミガメも見ることができるかもしれません。ウミガメを見るツアーなども人気ですね。もちろん自然に生息しているものですから、絶対に見えれるとは言い切れないのですが、もし見れたとしたらラッキーですよね。

ダイビングよりも手軽

ダイビングといえば大きな機材を背負わなくてはいけませんし、ある程度技術が必要です。例えば特別な技術として耳抜きができないといけなかったりしますので難しいですよね。また参加年齢もダイビングとなるとある程度大きくなければ楽しむことができませんので、家族みんなでダイビングというのはある程度お子さんが大きいご家族しか楽しめません。しかしシュノーケリングの場合は年齢が小さくても参加できるケースが多いですので、技術や年齢に関係なくだれでも楽しめるアクティビティです。

沖縄県離島のシュノーケリング予約

マリンショップがツアーを用意している事も多い

沖縄へ行ってシュノーケリングを楽しみたいと思ったらどうすればいいのでしょうか。大半の場合がマリンショップがシュノーケリングツアーを用意してくれている事が多いです。シュノーケリンをしているときは浮力性が高いウェットスーツを着用しなければいけませんし、ライフジャケットも着用しなければいけません。一人では不安だという人はツアーに参加すれば経験のあるインストラクターさんが手取り足取り教えてくれますので安心して経験がない人でも楽しめるでしょう。

ツアーに参加すれば至れり尽くせり

ツアー
ツアーに参加した場合には至れり尽くせりです。例えば写真を撮ってくれるサービスがついていたり、送迎してくれたりしますのでホテルからそのままマリンショップへ行ってシュノーケリングスポットに連れて行ってもらえるのでとても便利ではないでしょうか。特典満載のツアーを用意してくれている店もありますので、いろいろと自分に合わせて、参加する人に合わせてツアーを探して沖縄旅行をさらに充実したものにさせるといいのではないでしょうか。

よくある質問に泳げないけど大丈夫か?

よくある質問ですが泳げないけれど参加することができるかという質問です。泳ぐことができない人というのは意外と多いと思いますが、実はシュノーケリングは泳ぎは関係ありません。泳げる、泳げない、これは関係があまりないのです。泳げない人といえば一番苦手なのは息継ぎをすることと答えることが多いです。しかしシュノーケリングは水中には顔を付けたまま道具を使って呼吸するので、息継ぎをする必要がないのです。この顔を付けたままでも呼吸することができる装備がシュノーケルといわれるものです。シュノーケルをつけて呼吸をしないで潜水するというアクティビティもあるのですが、これはシュノーケリングとは違ってスキンダイビングと呼ばれるものですので、今紹介しているシュノーケリングでは息が苦しくなったり、呼吸できない息継ぎが難しいという事は一切ありません。

体力がなくても楽しめるのか

また多くある質問として、体力がなくても楽しむことができるのかという点があります。結論から言えば体力がない人でも、体力に自信がない人でも楽しむことが可能です。年齢も低年齢層から楽しめて小学校に入れば参加可能としているツアーも豊富にあります。場合によっては幼稚園児でも参加可能にしているプランもありますので、これらを利用して小さいころに貴重な体験をさせてあげるというのも素敵かもしれませんね。高齢になってからでも水に入ることが可能であれば楽しめますので、60代に入って初めてシュノーケリングを始めたという人もいますので、あまり年齢や体力は関係なく楽しむことができるといえるでしょう。